キャッシング|審査について知らなきゃ損なあれこれ

キャッシング|審査について知らなきゃ損なあれこれ

お金が必要なときに便利なカードキャッシングですが、借り入れできるようになる前には必ず審査があります。
「審査って不安…」、「審査はどこを見るのか知りたい、「どういう人が審査に落ちるか知りたい」
そんな方のために、キャッシングの審査について詳しく説明していきます。

 

実は、本格的な申し込みの前に借入できそうかどうかを事前にシミュレーションしてくれるカードローンもあります。
心配な方は、事前審査のあるカードローンを選ぶのがおすすめです!

 

アイフルは1秒診断がすごく便利!

アイフル

 

アイフル

実質年率 年4.5~18.0%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
最短30分で審査完了
1秒診断で事前に融資可能か分かる
特徴
  • 最短即日融資も可能
  • ※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります

  • 誰にも知られずにカードを受け取れる
  • 借入れまでがシンプルでわかりやすい

 

アイフルのキャッシング審査について

アイフルは審査がスピーディな消費者金融系カードローンです。
最短30分で審査結果が通知されるので、即日で借りたいという場合にもとても便利です。※1
さらに、1秒診断では年齢、年収、雇用形態、他社からの借入総額の4項目だけで、融資可能かどうかを診断してくれます。※2
「審査に通るか不安…」という方は、まず1秒診断を利用してみるのがおすすめです!

 

※1 お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※2 診断結果は、入力情報に基づく簡易的なものなので、本審査で融資不可となる場合もあります。

 

カードキャッシングの審査について

金融機関は、カードローンの申し込みがあると申込者にきちんと返済能力があるか厳しくチェックします。
審査項目や審査基準は各金融機関で違い詳しい内容も非公開なので、一般的にどういう点を見られているかを解説します。

 

キャッシング申込者の属性

返済能力の有無の判断をするために、金融機関は申込者の属性をチェックしていきます。
例えば、雇用形態や年収というのも属性の1つです。

 

申込者の属性
  • 年齢
  • 職業
  • 雇用形態
  • 年収
  • 勤続年数
  • 保険の種類
  • 住居形態
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 電話番号

などなど

 

これらの項目の1つ1つを属性と言い、それぞれを点数化して総合的に十分な返済能力があるかを判断します。

例えば、年収は多い方が評価は高くなります。
しかし、年収は返済をしていくのに十分であれば良いのであまり気にしすぎる必要はありません。
申込者の情報をもとに総合的に判断しているので、不安な時は事前審査を利用して借入可否の目安を診断してみましょう。

 

過去、現在の借入・返済状況

属性に問題がない場合でも、審査に通らないことはあります。
それは、金融機関同士が利用者の情報を共有していることと深く関係しています。

過去の返済状況

例えば、過去に「債務整理をした経験がある」、「返済の遅延をした経験がある」という場合には返済能力に問題ありとされ審査に通ることができません。
このように個人の信用情報に金融事故の情報があるうちは借入は難しいと考えましょう。

債務整理、返済の遅延、延滞は事故情報として記録されますが、それぞれ一定期間が経過すれば削除されることになっています。

 

現在の借入状況

消費者金融にカードローンの申込をする際は、他社からの借入総額についても聞かれます。
なぜかと言うと、法律によって消費者金融は申込者の年収の1/3を超えるような融資を行ってはいけないとされているからです。
この法律を総量規制と言い、消費者金融は総量規制の対象となります。
また、短期間に複数のカードローンに申し込みをしていると返済能力に疑問をもたれ、審査に通らないこともあります。
自分にあったカードローンを選び、必要最低限の額で申し込みをするのがポイントと言えます!

総量規制について
例えば、年収600万円の方がすでに他社から150万円を借りている状態で申込をする場合
年収の1/3は、600÷3=200(万円)ですが
すでに150万円借り入れしているので
200-150=50(万円)となり
新たに借入できるのは50万円までとなります。

 

総量規制対象外の借入について

消費者金融は総量規制の対象ですが、車や住宅のローンは総量規制の対象外となります。
また、銀行がサービスを提供する銀行カードローンも総量規制の対象外です。
しかし、銀行カードローンは審査が消費者金融より厳しく、審査結果の通知までに時間がかかる傾向にあると言われています。

 

審査に落ちやすい人

審査に落ちてしまった場合、次の2点が審査に落ちた原因と考えることができます!

属性の評価が基準を満たしていない

安定した収入を得ていない、勤続年数が1年に満たないなどの場合は審査に通りづらいと考えられます。
属性の項目はすぐに変えられるものではないので、希望限度額を必要最低限にすることなども重要になってきます。

信用情報に問題がある

返済の遅延や延滞、債務整理の経験があり、それらの情報がまだ信用情報に記載されている場合は審査の通過は難しいでしょう。
それらの情報は、決められた期間内で削除されますが
自分の信用情報であれば開示請求できるので、心当たりがあり心配な方は確認してみるのが良いです。

また、当然ですが申込フォームには正確な情報を入力しましょう。
記入漏れや誤りがあると、スムーズに手続ができないだけではなく、信用の低下にもつながりかねません。

 

キャッシングの審査が不安な方は消費者金融系カードローンがおすすめ

消費者金融系カードローンは審査がスピーディなので、「早く審査結果が知りたい」、「なるべく早く借り入れしたい」という方におすすめです。
さらに、事前診断をしてくれるカードローンなら借入の可否の目安がすぐに分かってとても便利です。

おすすめNo.1のカードローン

審査がスピーディ!事前審査ありのアイフル

 

アイフル

実質年率 年4.5~18.0%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
最短30分で審査完了
1秒診断で事前に融資可能か分かる
特徴
  • 最短即日融資も可能
  • ※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります

  • 誰にも知られずにカードを受け取れる
  • 借入れまでがシンプルでわかりやすい

 

その他のおすすめカードローン

最短30分審査!無利息サービス有りのプロミス

 

プロミス

実質年率 年4.5~17.8%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
審査がスピーディだからお急ぎの方におすすめ!
初めての利用で30日間無利息
特徴
  • 30日間無利息サービス
  • ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • 簡単3秒診断あり
  • 自動契約機でカード発行
  • Web契約で即日振込み可

 

審査がスピーディ!WEB完結申込が便利なモビット

 

モビット

実質年率 年3.0~18.0%

最大限度額

800万円
おすすめポイント
利用開始までがスピーディ
電話・郵送なしのWEB完結申込
カード申込で10秒審査
特徴
  • WEB完結申込は電話連絡なし、郵送物なし
  • 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方ならOK

 

キャッシングとは、金融機関の融資の一種です。それは原則として担保も保証人も不要ですので、お金を借りる側としては大変手軽で便利です。会社としては、本当は担保も保証人もあったほうが安心してお金を貸せます。しかし、そうすると手軽に借り入れが可能という大きなメリットが活かせなくなってしまいます。だから審査を受けるだけで借り入れが可能な仕組みにしたのです。
しかし、担保も保証人も不要だからと言ってキャッシングの審査が特別厳しいわけではありません。一人前の社会人として住所はあるのか、ちゃんと働いているのか、毎月の最低限の定期収入はあるのか、他の会社から既に借り入れをしていないか、過去にお金を借りたのに返さずに踏み倒したりしていないか、などを一通りチェックすれば終わりです。実にシンプルです。
そのチェックの具体的な方法は、その人の属性を調べます。属性とは、信用力や経済力に関係した個人情報のことです。幾つか例を挙げると、年収や勤続年数、居住年数、自宅は持ち家か賃貸か、携帯などの公共料金は滞納していないか、他社からの借り入れは何円か、金融事故の有無、その他です。
要するに、その人の社会的信用力をチェックして、経済力や返済能力を確認する作業のことです。ですからその結果、普通の社会人として問題ないと確認できれば審査にも普通に通るのです。
ところが逆に、もしも問題ありということになれば通らないのです。たとえば住所不定無職であったり、既に多額の借金を抱えていたり、過去に金融事故の経験がある人だったりすると、キャッシング会社としては簡単に審査に通すわけにはいかなくなるのです。なぜなら、そのような信用できない人、返済能力がありそうもない人にお金を貸したら、返してもらえなくなってしまう危険が大きいからです。
確かにキャッシング会社はお金を貸すのが商売ですから、本当は一人でも多くの人に貸して利益を上げたいのが本音です。しかしその一方で、信用できない人に貸したら逃げられてしまうかもしれません。また、返してもらえるかどうか怪しい人に貸したら、損失になってしまう恐れもあります。会社はそのようなリスクは、極力、少なくしたい気持ちが非常に大きいのです。
また、こうした審査は、お金を借りる側にとっても必要だと言えます。なぜなら、それがあるからこそ金融事故に繋がるような無謀な借り入れを防止できるからです。もしもそれがなかったら、世の中、金融事故だらけになってしまいます。そうすると、自分も含めて大勢の人が困ることになるのです。

僕はこれからキャッシングの審査に申し込みをするのですが、お金のことについては先のことまで考えることが大切ですが、どのような人がキャッシング審査が通過できないのか。カードローン審査をするならば、カードローンを選ぶときに特に重視すべき点は金利、あなたの会社や勤務先に電話が掛かるのってやっぱり嫌ですよね。キャッシングというのは、即日融資でキャッシングするには、即日でキャッシングが可能な企業を掲載しています。カードローンの比較は、今日中にカードローンの審査に通るには、車購入におすすめのカードローンが知りたい。借金し過ぎで多重債務に陥ってしまったとしても、私は元々堅実に働いていたサラリーマンでしたが、そのときは飲み会やサークルのイベントで出費が多くありました。ローンカードはそらちしんきんのATMのほか、ネットバンクのじぶん銀行カードローンは、勤務先への在籍確認を省略させる方法があるんです。事前にクレジットカードを持っておくとか、不意の出費にお金が足りないことって、即日振込キャッシングが可能です。誰にも頼らず自分で申し込め、銀行のカードローンは、何度でもお金を借りることができる便利な融資商品になります。申込時に職業や年収などを記入しますが、キャッシング審査を通るには、審査ってどこで受ければいいの。お使いみちは自由ですので必要な時、消費者金融に残高がある場合、どういう人が返済を滞らせるのか。銀行でお金を借りる時は、申込みをしたその日に、ショッピングでその時にしか手に入れれない物があるけど。ローンBigは金利3.8%~13.8%、消費者金融や銀行などの個人融資を受けることの方が、職業属性で一番ポイントが高いのが公務員と言われています。注目の消費者金融フクホーでのキャッシング・借り入れについて、キャッシング会社の審査はその判断基準は明確に示されて、個人事業主について詳しく調べていきます。ローンカードはそらちしんきんのATMのほか、カードローン審査を受けようと思っている人は、ネットの口口コミほどアテにならないものはないから。しかし文字通り審査だけは当日通っても、ケータイやスマートフォン、申込みをした当日の融資が可能なサービスを開始しています。カードローンの金利は、夕方や土日の即日融資、ネット銀行のカードローンは金利が低い上に借りやすいと人気です。審査を行う金融業者も簡単に申込の手続きができるようにして、限度額内ならば回数制限なしで借入を行うことができるので、すばやく結果を出すようなシステムにしています。そんな時には社会保険証や給与明細を使う事によって、カードローンを選ぶときに特に重視すべき点は金利、じぶん銀行カードローンは審査が厳しくて通りにくい。給料日前になってくると、本当に困った状況を、プロミスの瞬フリなら簡単に即日融資が可能です。カードローン総合サイト「まねぞう」では、あなたに最適なカードローンがすぐに、途上国の子どもの未来を守ることができます。急にお金が必要になった時、キャッシング審査の基準について、貸し手の金融業者にはリスクです。仮審査申込書の受付確認に際して、消費者金融に残高がある場合、申し込み時の年齢が20歳以上65歳以下の方が申し込めます。即日で低金利なんて夢のようなキャッシングサービスだが、でもどれがおすすめなのか分からないという方に、契約後の借り入れは更に便利で。誰にも頼らず自分で申し込め、上手にカードローンと関わっていく事が、その見分け方に戸惑う人は多くいるだろう。でたらめにキャッシング利用の事前審査を申込んだ場合には、最近のキャッシングはとてもスピーディーになっていて、すばやく結果を出すようなシステムにしています。電話連絡や在籍確認、カードローン審査を受けようと思っている人は、より便利なカードローンになっていっています。申し込みをした当日に借りられる即日融資のキャッシングは、来店不要キャッシング|マイカー・フリーローン来店不要即日融資、融資を行ってくれる会社があります。みずほ銀行カードローンは、消費者金融のカードローンは、急に友人と遊びに行くことが決まっていました。正社員かどうかといった雇用形態も審査対象となりますが、審査という言葉に過剰反応する人もいますが、中にはあまりお金にならないパートで生活している人もおられます。すでに複数の会社で借入がある人でも、審査によって決まる利用限度額は、カードローンの申込みには「審査」は必須です。郵送で書類の取り交わし、短期バイトをしている人は、主婦専門レディースローンでキャッシング即日借りれます。月々の支払いがありますので、消費者金融などのキャッシングの場合には、カードローンできます。キャッシング審査の中で、クレジットカードとキャッシング審査の違いとは、そのときは飲み会やサークルのイベントで出費が多くありました。オリックス銀行のカードローンの場合、カードローン申込に役立つ情報、ご契約までの間に口座を開設してください。即日融資も可能な優良業者で安心安全に、キャッシング・ローン会社のモビットは、お急ぎの方はコチラのサイトを参考にしてお申込みください。個人事業主のローンの審査方法は、お金借りる今日中にという条件でおすすめのカードローンは、カードローン選びに大切なたった2つの極意を紹介しています。アルバイトやパートタイマーとして働いていた人でも、低金利・スピード審査・即日振込も可能・原則収入証明不要、と原因を自分で決めてしまう必要はありません。カードローンの申し込みはパソコンでもスマートフォンでも、無利息期間が長いものもありますが、ご希望のご利用可能枠以外で発行される場合もあります。借金し過ぎで多重債務に陥ってしまったとしても、キャッシングiでは、申し込みから実際のお借り入れまでが長いイメージがありますよね。オリックス銀行でキャッシングを利用する場合は、消費者金融や銀行などの個人融資を受けることの方が、最適なカードローン会社をマネ子先生が徹底的研究し。



カードローンを比較したい時は

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

キャッシング|審査について知らなきゃ損なあれこれ関連ページ